農的ジプシー

農的ジプシー生活のあれこれ

ヒッピーというか、何なんだ?

チャオ、

イタリアでこの記事を書いている。

 

今日はワイン用のぶどうの樹を手入れした。

枯れ木のような枝の先端には、よく見ないとわからないが、

新しい枝の蕾がある。

いまの感じではとても秋に収穫できるようには見えないのに。

植物の成長はスゲーな。

 

 

さてまたロンドンでの話をしよう。

 

ヨーロッパの街には、どんなに都会であっても憩いの場がある。

公園だ。

公園といっても遊具があったり、おじおばさんがゲートボールするようなイメージではなく、例えば代々木公園のようなかんじかな、東京でいえば。

そういう大きな公園が何ヶ所もあったりする。

ぼくはサンドイッチとコーヒーかビールを持って、ゆったりしに行くのが好きだ。

 

そんな公園がロンドンにも、いくつもある。

でも今回は行かなかった。

寒いから。

 

なんやねん、

でももっとニッチなところを観光がてらに攻めたのである。

その名も、

ノマディック・コミュニティ・ガーデン(Nomadic Community Garden)。

 

僕らはアーバンファーム(都市農業)に興味があってロンドンでも探して見た。

屋上農園とかそういうのである。

 

そしてネット上で見つけたここを訪れてみた。

といってもよく調べて行った訳ではなく、

いくつかめぼしい所をグーグルマップ上にピンで印をつけていて、

たまたま何かのついでにそこが近いということになって行ったのだ。

 

 

最寄りの駅で電車を降りて、線路沿いにあるそこに歩いて行った。

町の雰囲気は若者タウンで、だぼだぼズボンやジャラジャラアクセサリーの店、

クラブが多い。壁には一面にスプレー画。

観光でくる人は少なそう。

 

さてガーデンに向かう高架下では、まさに今

、若者が何人かでスプレーペイントしていた。

ゴミだらけのあたりにはシンナー臭が漂う。

 

ああそういう感じか。

 

「帰ろうか」

 と僕が言い、チャングも不安げだった。

 

だがせっかく来たのだから一目だけでもとガーデンに入った。

 

んー、どう形容すればよいか、

植物とDIYと前衛アートとガラクタが混ざったような空間。

都会のすきま。

そう遠くないところには都心のビル群がみえる。

 

よく知らないがヒッピーのような?

 

こういうものを見慣れていない僕は臆してしまう。

お世辞にもセンス良くも居心地よくもない。

 

でもどこかで子供達の笑い声が聞こえるし、

ソファーでのんびりと語らっている男女もいる。

掘っ建て小屋のアトリエでなにか制作してるような人。

天気が良いこともあってのどかな感じもする。

 

浸かってしまえば自由で気持ち良いかもしれない。

コミュニティってそういうものなのかな。

 

スプレーアートだって、そればかり見ていると、

良し悪しがわかってきて楽しかったりするのかも。

 

自分が不慣れでよく認識できないものを、

趣味が悪いとかで片付けてしまいがちだが、

世界を狭めているだけなんだろうな、

とか思った。

 

とにかくどんな形であれ、人が自分で自分の生活を形作ろうとする、

自分の食べものを育てている、

そんな光景をもっと見たいものだ。

 

ヒッピーでも、オシャレなオーガニックでもなんでもいい。

 

 

 

さてその近くにはもうひとつガーデンがあった。

 

スピタルフィールズ・シティファーム(Spitalfields City Farm)

 

ガーデンというかファームだ。

ヤギ、ろば、ニワトリ、羊などの動物もいる。

そしてあのクニクニ豚もいた。

イギリスには結構いるのか?

 

こちらも市民に開放されているが、より社会的な感じだ。

こぎれいで、ルールがしっかりあり、

普通の家族づれが動物とふれあいに来たりしている。

スタッフも何人かいて、ボランティアもいるようだし、

経営はしっかりまわっているよう。

 

 

何がこの印象の違いを生むのだろうか?

 

でもそんな性格の異なる2つのガーデンが隣接しているのは豊かだな。

この都市のゆとりを感じる。

 

というわけで、大都会ロンドンの、

観光視点とは別の一面を見ることができた。

 

そんな午後。

ミュージアムの楽しみ方

現在はイタリア滞在中。

今日は、夜ホストファミリーに日本食を振る舞う日でした。

巻き寿司、イタリア米のシャリがパラパラ過ぎてテンパった。うまく切れないの。

でもなんとか。みんな喜んでくれて嬉しかった。

 

いつもはマンマの美味しいイタリアンを食べさせてもらってます。

ありがとう、アッレ、ティーナ。

 

 

 

さてロンドン観光のことをもう少し書こう。

 

観光と言えば、ミュージアム

 

日本語では、美術館や博物館というがお堅いイメージだ。

 

うってかわって、ヨーロッパではポピュラー。

ロンドンなんて、無料で大英博物館をはじめ、超ド級ミュージアムが見放題なのです。

世界各国の旅行者はもちろん、地元の家族連れもいれば、学生が彫刻をスケッチしていたり。

 

観光のプランを練るうえではどうしても、

あそこも行こう、ここも行こう、となってしまう。

 

でも正直そんなにたくさんは見れないです。

世界中から集められた名品珍品を無秩序に見てまわるのは体力をつかいます。

博物館1つでもお腹いっぱいになってしまう。

 

そんなときにはミュージアムカフェに行ってみるのもいい。

雰囲気が素敵なところが多いし、客層も落ち着いている。

建築自体を感じるにもうってつけだ。

 

今回は、サウスロンドンギャラリーとV.Aミュージアムに最初からカフェ目当てで行った。

サウスロンドンギャラリーはご飯が美味しいらしく、

V.Aは一度行ったチャングが絶賛していた。

 

そもそもチャングなのだ。ミュージアムカフェが大好きなのは。

その彼女が「今までで一番良かった」と言っているのが、V.Aである。

 

 

だがサウスロンドンギャラリーは、微妙だった。

その日がそもそもあまり運のよくない日だったのだが、

食事はたいして美味しくなかった。

 

チャングが選んだサラダランチは、見かけがジャコ飯のような、そして味も魚介系の、期待外れのボール球。

僕のスープは、トマト味だったが塩分が濃く、パスタのソースだけ食べるような代物だった。

コーヒーも飲まずに、少しだけ展示を見て去った。

 

一方のV.Aミュージアムのカフェはやはり良かった。

座ったのは豪華な装飾と照明のある広間だが、左隣にはウィリアム・モリスの広間もある。そこも落ち着いた良い感じだが、今回は僕がはじめてだったので豪華な方を選んだ。

 

そこでイギリスで初めての本場のスコーンを食べた。

スコーンは好きで、自分で作ることもあるのだが、

本場のはデカイなというかんじだった。

バターといちごジャムの小瓶が付いてくる。

 

その後20分くらいだけ展示を見た。

というのはもう夕方で閉館間近だったから。

 

ここも広いのだが、

装飾美術という一貫した柱があるので、見やすく、

またゆっくり来たいなと思える場所であった。

 

さてロンドンのミュージアムカフェはこんな感じであった。

次はどこかな?

ロンドン 都会のオーガニックカフェ

 3/8 金曜

ロンドン滞在 初日

 

 

夜は熟睡できなかった。

カーテンが薄く、夜明かりが入ってくるのが原因。

冷蔵庫や、そして給湯器の音もうるさかった。

隣の共用シャワーの給湯器がなぜかこの部屋にあったから。

 

朝は近所のスーパーでカッテージチーズとパンを買った。

イタリア系のスーパーかな。

よくわからないがロンドンにはイタリア系の移民もいるようだ。

 

僕らの安いアパートホテルの周りはほかにも、インドやイスラムのエキゾチックなスーパーや食堂であふれている。East Hamという地区。

懐かしいインドの香辛料の匂いが漂う。

いまだにそれが何なのかはわからないが、懐かしいと感じる匂いなのだ。

 

 

 

パンは酸味があって美味しかった。

日本ではなかなか食べることのない全粒粉のパン。

これにカッテージチーズとはちみつをかけて食べると絶妙にうまい。

 

ただこのパンは、切る時にぼろぼろになるのが難点で、縦型のトースターでは焼きにくかった。

 

 

さて、僕たちは「オーガニック」というワードに興味がある。

そこでこの日はチャングが探したロンドンのオーガニックカフェに行って見た。

ファームスタンドという店。

 

店は賑わっていた。

ヨーロッパは日本よりもオーガニックが社会に浸透している、とは言ってもちょっと意識の高い人が多そうだ。

 

メニューは主菜1品と副菜2品をカウンターで選ぶシステム。

 

 

とここまで書いて、僕は食べたものを記憶するのが苦手だし描写もできない。

僕が選んだのは、スパイシーなよく似た色の3品だったということ。言えるのは。

こういうカフェで選ぶのは無理だ、いつも目移りして後悔しております。

 

 

こういう健康志向の食は自然とエキゾチックになることが多く、

しかもヨーロッパではアジアに目が向くことが多いようだ。

先進的でアルタナティブな人々はヨーガや禅などに興味を持ってることもあり、東洋を意識している。

 

東洋から来た僕としては、

おなじみの日本の豆腐や東南アジアのパクチー料理、インドカレーなどを、

「どうだ、ヘルシーだろ!」と差し出されてもなんだかなぁという感じがする。

 

食材にこだわったフィッシュアンドチップスなんかを食べてみたいものだ。

 

 

とあれこれいうが、とりあえず美味しかった。

 

僕は「オーガニック」をかかげるものが、果たしてどのくらい体に良いのかは知らないが、少なくとも食べて見て美味しいことは多いような気がする。

 食べさせる側と食べる側の意識が大事。

 

パンチャ・ヌーダ

マチェは一人息子。

本名はマルチェッロといって、

今われわれがお世話になっている、アレとフェデリコの息子だ。

もうすぐ3歳になる。

 

ずんぐりした体型で目がクリクリしていて可愛いのだが、

病的に偏食で、トマトとチーズでできている。

食べた後にすぐ吐くことも多いので本当に病気かもしれない。

 

両親とイタリアンマンマのおばあちゃんティーナに囲まれた暮らしなので、

甘やかされ、わがままですごく気分屋でもある。

いつもかん高い声でなにか叫んでいる。するとみんなが構ってくれるのである。

もちろん機嫌がいい時も叫ぶ。

石づくりのこの家にはいつも彼の叫びがこだましている。

 

でも彼にとって不幸なことに、常に3人と水いらずで居られるわけではない。

 

この家庭はWWOOFの受け入れホストであり、

常に世界中から滞在者が来るのである。

 

今回は遠い日本から見知らぬ二人がやって来た。

イタリア語すらしゃべられないアジア人である。

 

最初はわれわれとまったく関わろうとしなかった。

というか存在を無視されていた。こんなに可愛くない子供もいるんだという感じ。

食事の時は僕の向かい側に座るのだけれど、ほぼ目も合わない。

 

昨日で滞在1週間が過ぎたのだけど、ここでようやくチャングが彼に興味を持たれた。

最初はスリッパをとられ、「捕まえてみろ、このモンスター」と言われたのだった。

その後、追いかけっこの末、咳き込みはじめて、吐いた。

彼と関わるのは難しい。

 

 

そして今夜もなかなかご機嫌。

満腹の腹を「パンチャ・ヌーダ(裸の腹)」と自慢げに見せてくれた。

 

そしてその裸の腹を出しながらこけてた。

 

なんかダメな、でも憎めない奴なのだ。

ロンドン観光 ピエール・ボナー展

3月8日 金曜

 

この日から4日間のロンドン観光。

 

オンタイムでは我々ふたりは、イタリアのプーリア地方にいる。

ここ何日かは怒涛のように日記的ブログをあげてきたが、ちょっと趣向を変えよう。

 

サンフィールドでの日々は我々の将来に関係してくるかもしれないので、記録をとっておくという意味で毎日の出来事を詳細に記した。

でもロンドン観光は楽しむだけであるし、情報も感想もネット上にあふれているので

事細かに書くのはやめる。

純粋に現在までも心に残っていることだけをつれづれ書いてゆこう。

 

 

僕は観光地を見るのがあまり好きではない。

人混みが好きではないし、観光客のためにつくられたようなシーンをみると興ざめしてしまう。

ひねくれているからだ。

純粋にものごとを楽しめればどんなに楽かと思うが仕方ない。

 

一方でチャングはミーハーな部分があり、全面的に何かを楽しむことができる。

観光向きのタイプのひとなのだ。

 

彼女と行動すると、疲れることもあるが、楽しいことも多い。

街歩きはシティーガールとするに限るということを最近知った。

 

さて、ロンドンの国立ミュージアムは無料だ。

そのかわり、私設のミュージアムはバカ高い。

行こうと思っていた交通博物館なんて18£、3000円もしたのでやめた。

 

結局今回のロンドン滞在で入場料を払って入ったのは、1つだけで、

テートモダンで催されていた、フランス人画家Pierre Bonvardの特別展だった。

知ってて行ったわけではなく、そこで偶然見かけたポスターの色遣いが美しかったので入って見る気になったのだ。

長く美術を学んできて、デザイナーとしても働いていたチャングが心を動かされていたので相当良さそうだ。

僕は彼女の芸術的センス、美的センスは全面的に信頼している。

そういう訳で入ってみた。

 

ちなみにテートモダンは、元発電所を改装してつくられた大きなミュージアムで、

常設の展示は無料、しかも屋上の展望テラスにも無料で入れるのだ。

テムズ川を挟んでむかいにはセント・ポール大聖堂が望めるという好立地。

 

 

絵は美しかった。

テーマとしては、浴室の女性や南フランスの風景が多い。

自宅の窓から外が見えるような絵も多かった。

 

多彩な色合いの素晴らしさ。

時がながれてゆく空気感が伝わって来る。

 

僕はこういう絵を見ると、画家には世界がどんな色合いをもって見えているのだろうかと思ってしまう。

僕が仮に高度な画力を持ち、おんなじ情景を見たとしても、こういう表現には絶対にならないのだ。見える世界そのものが違う。

なにか、描かずにはいられないようなすごい衝動が湧いて来るような見え方をしているのだろう。

 

素晴らしく鋭敏な視覚をもつ人間のフィルターで切り取られた世界。

これを見れるのが絵を見る醍醐味でもある。

 

このタイミングでこの展示が見れてよかった。

 

そして絵心をつつかれた我々はこの後、少しづつ旅のスケッチを試みるようになる。

 

 

 

サンフィールド最終日 ロンドンへ

3月7日 木曜

 

朝食はオーツクッキーとフルーツ。

 

今日はAirbnbをチェックアウトする日。

4日間はあっという間だった。

 

ジェラディーンのマシンガントークを聞く。

これから行くロンドンのおすすめや、古き良きギリシャの話。

彼らはむかしロンドンに住んでいたのだ。

 

エドが迎えに来る時間の少し前に二人に挨拶を済ませる。

 

お土産の和紙折り紙を渡すと喜んでくれた。いいホストだったな。

ビルとジェラディーン。

これまでAirbnbを何度も利用したが、いい出会いがたくさんあった。

また思い出の人たちが増えた。

 

 

サンフィールドでまず木曜日定例のグループスタディに参加した。

シュタイナーの「治療教育」の読書会で、

オイリュトミスト、カラーライトセラピスト、アウトドアインストラクターといった顔ぶれ。

内容はよくわからなかったが、教育に携わる人々の勉強会は刺激的だった。

 

今日の作業は、ウッドチップをヤギ小屋の外に敷くこと。

小屋の入り口やえさ場周りが泥でぐちょぐちょだったため。

もともと乾燥地帯原産のヤギは足が濡れることを嫌うのだ。

 

その後、もし僕たちが正式に働くときに住む部屋を案内してもらった。

 

昼ごはんは、マトンとポテトのパイ。

エドと最後の食事だった。

チャングが今回感じたことやこれからの展望についてエドに話した。

こういうのは彼女がうまい。

 

ビザがいつとれるのかわからない状況が不安であるが、

今回の訪問でエドがどういう人なのか分かった。

彼がとても忙しいことや、

全てはじめての試みなので本当に状況がだれにも掴めないということもわかった。

 

こういうことを話した。

 

縁があればまた来るかもしれない。

 

良い感じで話を終えられた。

 

 

さて話したせいもあり、Hagley駅に送ってもらったのは14時。

電車の時間ぎりぎりだった。

バーミンガム行きの切符を2枚買い、反対側のホームへ渡ると同時に電車が入って来た。

あとはロンドン観光を楽しむだけだ。

 

バーミンガムでMoor street駅からNew Street駅に歩き、

ロンドンEuston行き電車に乗った。

メールの予約画面のQRコードで改札を通れるというハイテクイギリス。

 

ロンドン地下鉄Euston Square駅からは、Hammer Smith&City線でEast Hamという駅へ。ここがホテルの最寄り駅だ。

 

駅を出ると移民街のど真ん中だった。

 

通りはイスラム系やインド系の人々であふれている。

店のショーウィンドウがひびだらけだったりしてあんまり治安はよくなさそう。

 

まあ数日前に値段だけで選んだ宿の立地としてはしかたない。

 

10分ほど通り沿いを歩いてホテルの住所に来たが、それらしきのはない。

裏の住人に聞いてみるとやはり表の建物だという。

これまでに何回も訊かれたのだろうか、またかという雰囲気。

 

通りに戻ると、あるアルミサッシのドアのすりガラス越しに「154A」の文字を発見した。

ここだ。が雰囲気はふつうの住居でドアには鍵がかかっていた。

インターホンなどもなくて困ってしまった。

 

WIFIのある場所でホテルに連絡してみようか、

最悪ほかの宿を予約するしかないか

などと5分ほどそこで思案していると、男が寄って来て声をかけた。

インド系の男だ。

 

その男が宿のスタッフであった。

「寒いだろう、なぜ連絡しないんだ」

いや普通の外国人旅行者は連絡手段をもってないことの方が多いと思うが。

 

とりあえず部屋に入ることができた。

キッチン、洗濯機つきの広い部屋で、バス、トイレは共用だがのんびりできそう。

 

ホッとしたのもつかの間、

今度はカードが使えないので、現金を下ろして来いという。

ちょうど目の前にATMがあったので、200£下ろして支払った。

 

一連の流れはすごく怪しかったが、この場合は相手を信用するしかなかった。

時と場合によるが、移民街などに安宿をとるのは危険かもしれない。

 

僕は安旅に慣れしまっていて、そういうフィルターをかけることを軽視していたが、

以後はもう少し気をつけようかなと思った。

 

この晩は、久々のビールとケバブで乾杯した。

サンフィールド3日目 羊の毛刈り

3月6日 水曜

 

 

朝食はゆうべの残りのスープとパン。

 

 

8:20にエドが迎えに来た。

 

まずきこりに話をしに林を歩く。

 

ここサンフィールドはゆるやかな斜面の下側に畑があり、

牧草地を挟んで上の方は林になっている。

歩きながらエドが森について色々話をしてくれた。

 

この土地を形成する3つの地層のこと、

1世紀以上前に英国が世界中から集めた珍しい木々のこと、

学校の木々は4年ごとに診断を受け、弱ったものは切り倒されること、

でも虫や鳥のために完全には切り倒さない木もあること

 

雨が降ったり止んだりしていたので、その後はヤギ小屋で作業。

もともとここにあった鉄柵を羊小屋をつくるために移動したので、

木の柵の隙間からヤギが逃げ出さないようにワイヤーを張るのだ。

 

 

昼食は豆カレーだった。インドでダールと呼ばれるものに近くおいしかった。

イギリスはインドを植民地としていたため、カレー料理の質は高いらしい。

ここの学校食堂の料理は総じておいしかった。

 

イギリスというと「食事がまずい」という評判があるが、

エドは、それは産業革命以後のことだと言っていた。

「どこの地方にも家庭料理があって、それは当たり前だけどおいしいものだよ。ただ18世紀以後、産業革命で人々が都市に集まり、大量に作られたおんなじものを食べるようになった。食が土地から離れてしまったんだ」

 

 

午後は羊を牧場から小屋へ移した。出産にむけて。

羊は臆病なのでトレイラーに入れるのが大変だった。

 

僕とチャングで牧場の上の方から、5匹の羊をゆっくりと追ってゆく。

下ではエドが餌のオーツ麦を持って待ち構えていて、

ゆっくりとトレイラーの方へ誘導していくのだ。

 

でも少しでも彼女らを驚かせたり、警戒させたりしてしまうと、

散り散りになってやり直しである。

 

僕は手を叩くという間違いを犯してしまい、驚かせてしまった。

最近ヤギの世話をすることが多かったので、それと同じ感覚だったのだが、

ヤギと羊は性質がまったく違う。

ヤギは好奇心が強くて御し易いが、羊はとにかく驚かせてはいけないのだ。

 

昔は動物に触れ合う機会が少なかったので、性格の大した違いなど知らなかったが全く違う。

馬と牛も。ヤギと羊も。

 

さてどうにか羊の移動に成功したので、次は汚くなったお尻の毛刈りをやった。

やったと言っても実際にハサミを持って刈ったのはエドで、僕とチャングは抑える係だ。これがまた大変。

お尻は臭いし、羊の力は強い。

懸命に逃げようとする彼女らを1匹1匹捕まえては抑えたので、

僕らもすごい臭いになってしまった。

 

毛刈りはshearingというが、この名人は1日に何百頭もやるというのだから恐れ入る。

とにかく大変だった。

 

夕食は人参チャーハンと日本から持って来たインスタントスープ。

 

 エドが前の日、ディナーに招待してくれるようなことを言っていたが、なかった。

なんかイギリス人の社交辞令のような感じもして、チャングは彼への不信感が募っていたよう。

とにかく明日がサンフィールド最終日だ。